会社員としてエンジニアの仕事をしていると、自分はもっと稼げるのではないか、もっと自分の能力を高めたり可能性を広げたりしたい、フリーで働いた方が自由な時間が得られるのではないかと感じることもあるだろう。可能であれば個人事業主になりたいと真剣に検討している人もいるはず。
だた、今まで会社員として働いてきた人にとっては、フリーランスで働くことに不安を感じるのが一般的だ。上手いこと会社員から独立して、個人事業主としての活動を軌道に乗せる方法があれば知りたいと考えるのは自然なことである。
フリーエンジニアとして成功するためのポイントは、独立後に順調に仕事を得られる環境を整えることだ。幸い、エンジニアの仕事はクラウドソーシングで働くことに向いているので、自ら動いて直接営業をかけるだけでなく、インターネットを利用して仕事を得ていくことが比較的簡単にできる。しかし、能力次第で事業を拡大できる可能性もあれば、依頼がなかなかとれずあまり稼げないリスクもあることを考慮しておかなければならない。独立したら自分次第なのである。

そこで大切になってくるのが、会社員のうちにしっかり準備をしておくことだ。クラウドソーシングで仕事を得ていく方法をしっかり研究するとともに、「独立後にも活かすためには何を学ぶべきか」という視点で会社員としての仕事に取り組むことがポイントとなる。そういった努力をしておけば、フリーランスとしての成功につなげることができるだろう。