IT企業とフリーランスエンジニアとの関係には大きく分けて2種類の形態がある。一つは継続的に契約を結び仕事を依頼する正社員や契約社員に近い立場の継続型のものであり、もう一つは短期的に契約を結ぶ臨時型のものである。
継続型は企業側から見ると、正社員に近い形で常時使えるマンパワーとして組織に組み込むことができる。しかも、雇用リスクが正社員に比べて少ないので、雇用側としてのメリットは大きい。
一方、臨時型は受注が重なったり仕事が増えたりしたときの一時的増員として考えられていて、納期厳守で仕事が集中しやすいIT業界では非常に重宝される存在である。ただ、能力が未知数であり、期待した仕事を適切にこなせるかどうかのリスクがある。

これを逆に雇用される側のエンジニアの立場で考えると、継続型は安定した収入を得られるというメリットが非常に大きいので、1社以上の継続型契約を持っておくと安心できる。一方、臨時型は受注量が不規則になる面は否定できないが、仕事の絶対数を増やしたい場合には必要不可欠であり、収入をアップするためには上手く活用することが求められる。
フリーランスは基本的に個人経営であるので、自らの収入状況を分析し、常時安定した収入を確保することが重要である。これまで結んできた契約をカテゴライズして、収入を安定させるために継続型の契約が必要だと思ったなら、それを増やすなどの対策が求められる。それぞれにメリットがあるので、自分の状況と照らし合わせて仕事を受注することが大事になるだろう。