コンピューターが登場して、瞬く間に日常生活や仕事でなくてはならないものとなった。それに伴い関連するIT業種の需要も高まり、エンジニアも求められているのだ。
エンジニアはコンピューターを動かすのに欠かせないプログラムを開発、構築するのが主な仕事である。新しいシステムやプログラムを作り出せること、高い収入を得られることに魅力があり、さらには自宅で作業を進めることが可能な場合もある。
また個人の技術や知識、発想力が重要視される傾向にあるので、企業に属して会社員として働くだけではなく、独立してフリーランスとして活動することもできるだろう。

フリーランスのメリットはなんといっても働いた分だけ収入になることで、今の世の中であれば能力の高いエンジニアは需要が高く、ある程度の人脈や営業の能力があれば一般的な収入を得ることができるはずだ。また会社員では簡単にはいかない収入アップも、個人の場合なら求めるのも難しくはないだろう。自分の業績や能力を知ってもらい、その上で営業をかけて実入りのいい仕事を増やしていけば、自然と収入が増えていくはずである。
ただ、そのためには技術や知識だけではなく、人脈を広げたり、営業能力を磨くことも重要となってくるので、様々なノウハウを学ぶ必要がでてくるだろう。先を見据えて、働きやすい環境を築き上げて独立することが重要な要素となってくるのだ。
身に付けるべきことはたくさんあるが、多くの場面でエンジニアが必要とされている今こそ、フリーランスとして自分の裁量で働いてみるチャンスだと言える。